戻る  ■考察記録  ■ランキング上  ■ランキング下  ■【考察待ち/要検討中】  ■【考察待ち】

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【作品名】居合
【妄想属性】アンサイクロペディア
【名前】居合の達人
【属性】抜刀術を極めた達人の中の達人
【大きさ】スラリとした体格の青年並み
【攻撃力】居合刀所持。以下はできること
・居合は鉄でもダイヤモンドでも核シェルターでも切り裂くことが出来る。理合いがわかっていれば力は不要で、豆腐の様に裁断できる。
・斬った物の断面を合わせるとそのまま貼りつく。
・刀の刃渡りより遠いものは剣術では切れないが、居合では自動車でも家でもビルでも切れる。
・馬に乗っていても居合は使える。
・納刀する際の金属音だけで相手の脳を共振破壊できる。
・居合の一撃で鎌鼬を飛ばせる。上空2000mを飛ぶミサイルでも斬れる。海を割って隣の島まで歩ける。上空36000㎞の人工衛星を地上からぶった切れる。
・日本刀は2~3回斬れば血糊で刃こぼれが始まるが、鞘に納めれば回復する。その為居合ならば何百人切っても刃こぼれすることはない。
・真上・真下の相手にも当たる。
・居合を極めれば空中に浮かぶ蚊の口吻ですら切れる。それどころかバクテリアを斬ることもできる。
・敵の持っている剣や槍を唐竹割にできる。
・服や鎧だけを切って相手を全裸に出来る。
・自分に完全に密着し、懐にまで入り込んだ相手でも斬れる。それどころか自分の頭の上にとまったハエでも斬れる。
・流れる滝でも水に浮かぶ月でも切れる。
・抜く瞬間のポーズを決めただけで男性をビビらせまくり、失神させられる(人外には効かない?)。
・特に理由もなくモテモテになる。女性は抜く瞬間のポーズを決めただけで目をハートにして素敵!抱いて!となる(人外でも多分効く)。
・跳んできた銃弾をほぼ同じ速度で切り払い、相手の銃口に戻して暴発させられる。
・飛んでくるミサイルの弾頭だけをすれ違いざまに切り落とせる。
・寝ていても使える。
・来るとわかっていればレーザーなどの実態のない粒子でも斬れる。やろうと思えば雷だって切れる。
・重力を斬って宙に浮かぶことができる。
・壁の向こうの相手に衝撃だけを伝え、外はそのまま内臓だけを真っ二つにできる。
・料理のとき食材を投げてまな板に落ちて1秒すると食材がすべて切られ、バラバラになるという芸当ができる。
・摂氏1万度のプラズマジェットを切り裂ける。
・幽霊でも斬れる。人間に憑依した悪霊を、宿主の肉体を傷つけずに霊魂だけ切り裂ける。
・空間を切断できる。
・原子核を切って陽子と中性子に切り分けられる。
【防御力】達人並み。
【素早さ】遥か格下の剣士でも1分160発のガトリングカノンの砲門から射出される弾丸を一発残らず切り裂ける。
     抜刀から振り抜きまでにかかる時間は平均0.0001秒、新幹線より速い。
     1万分の1秒までスローモーションにしても斬跡を見ることは不可能。
     地上から上空36000㎞まで0.5秒で到達する鎌鼬が眼前まで迫っても余裕で切り払える。
     料理のとき食材を投げてまな板に落ちて1秒すると食材がすべて切られ、バラバラになるという芸当ができる。
     跳んできた銃弾をほぼ同じ速度で切り払い、相手の銃口に戻して暴発させられる。
     飛んでくるミサイルの弾頭だけをすれ違いざまに切り落とせる。
【特殊能力】外界からの刺激をいち早く感知できるようになる。レーザーを背後から撃たれても撃たれる前に殺気を感じ取れる。
      同じくらいの達人の居合を見ても平気なので精神耐性持ち。納刀の金属音に耐える。
【長所】現在においても居合はアフガン航空相撲と肩を並べる世界最強武術として名高く、
最早いかなる近代兵器を用いても、居合以上の戦闘力を持つことは不可能とさえされている。
【短所】参考文献
・座頭市
・るろうに剣心
・ONE PIECE
・ルパン三世
・斬
・とある魔術の禁書目録
【戦法】刀にそっと手を当て、最速で断ち割る




-◆
考察記録---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
-
戻る